プライバシーポリシー
第一三共バイオテック株式会社
個人情報保護方針

第一三共バイオテック株式会社(以下「当社」といいます)は、当社が保有する個人情報を、「個人情報の保護に関する法律」および「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」(以下「番号法」といいます)その他の関係法令等に基づき、以下の通り適正に取り扱います。

  • 1.個人情報の取得

    当社は、適正かつ公正な手段により個人情報を取得します。また、個人情報の取得にあたって、あらかじめ利用目的を通知または公表します。なお、要配慮個人情報の取得にあたっては、法令で認められている場合を除き、あらかじめ本人の同意を取得します。

  • 2.個人情報の利用

    当社は、あらかじめ通知または公表した目的の達成に必要な範囲内で個人情報を取り扱います。

  • 3.個人データ等の提供

    当社は、原則としてご本人の同意を得た場合または法令で認められている場合を除き、要配慮個人情報および個人データを第三者に提供しません(特定個人情報等については、法令で認められている場合を除き、第三者に提供しません)。ただし、利用目的の達成に必要な範囲内で要配慮個人情報、個人データまたは特定個人情報等の取扱いを第三者に委託する場合は、委託先を必要かつ適切な範囲で監督します。

  • 4.個人データ等の管理

    当社は、個人データおよび特定個人情報等を正確かつ最新の内容に保つよう努めるとともに、個人情報取扱規程等の規程を策定するほか、個人情報の取扱状況の定期的な自己点検、個人情報の取扱いに関する従業者への定期的な研修、個人情報を取り扱う機器の盗難・紛失防止、個人情報の持ち出し手段の制限、個人情報が記録された機器の適切な廃棄、アクセス制御の実施、外部からの不正アクセスの防止および不正ソフトウェアからの保護等の、個人情報の漏えい・滅失または毀損の防止、安全管理のために、組織的・人的・物理的および技術的な安全管理措置を講じています。また、当社が外国において個人情報を取り扱う場合には、当該外国の個人情報の保護に関する制度等を把握した上で、適切な安全管理措置を講じています。

  • 5.保有個人データ等の開示・訂正・利用停止等

    当社は、ご本人から保有個人データ等の開示・訂正または利用停止等を求められた場合、遅滞なく合理的な範囲で対応します。また、個人情報の取扱いについてご本人から苦情を受理した場合は、事実を調査した上で、誠意をもって対処するよう努めます。

  • 6.特定個人情報等の廃棄

    当社は、利用目的を達成した特定個人情報等については、できる限り速やかに廃棄または削除します。

    ◆本方針で使用する「個人情報」「要配慮個人情報」「個人データ」「保有個人データ」および「匿名加工情報」の用語は、個人情報の保護に関する法律第2条に定める定義の通りとします。また、「特定個人情報等」の用語は、番号法第2条に定める「個人番号」および「特定個人情報」とします。

    以上